マツモトキヨシとサイボウズどちらが仕手株化しやすいか

マツモトキヨシもサイボウズもどちらも東証一部の銘柄ですが、このふたつを比較して仕手株化しやすいのはどちらかというとサイボウズのほうが仕手株化しやすい銘柄といえます。
その理由の一つが企業としての規模が東証一部としてはそれほど大きくなく、株価の吊り上げがしやすいという理由にあります。
仕手筋が利益を上げるには当然株を買った金額よりも高く売らなければならないわけで、株価をあげるために仕手筋は自ら株を買い上げて市場の注目をあつめるように仕向けます。
そして、値上がりをしたのを見てまだ上がるはずだと思った投資家たちに、集めた株を売りつけて利益を出します。
そのため、株価の吊り上げを行うことができなければ、利益を出すことができませんから吊り上げが難しいマツモトキヨシよりも仕手株として狙うのであればサイボウズが選ばれやすいものとなっているのです。

次に株の買い集めやすさというのも重要な要素の一つであり、マツモトキヨシの株価は右肩上がりの成長を続けています。
そのため、こっそりと株を買い集めようとしても徐々に株価は上昇してしまうので、安く買い集めようとしてもそれをすることが難しいものとなっています。
しかし、サイボウズの場合にはあまり取引も活発ではなく、株価も横ばいであるため少しずつ買い集めていっても株価が上昇することが無いため、安いところで大量に株を仕込むことができます。
このようにサイボウズの場合には株価の吊り上げの前の準備も行いやすい銘柄となっているので、マツモトキヨシと比較した時には仕手株に選ばれやすいものとなっています。
ただし、これはあくまでも両者の比較であって必ずサイボウズが仕手株になるといった話ではないことに、注意をする必要があります。