仕手株のヨドバシ、ソフトフロント、昭和シェル予想

仕手株という言葉があります。
株価は、会社の業績に応じて好業績であれば高配当を期待して株価が上昇しますし、逆であれば株価は低迷します。
通常の株売買であれば、こうした業績や資産面などが検討されることになります。
しかし、仕手株の対象となった株価は、こうした業績は全く関係なく、あるグループによって故意的な買占めによって株価を上昇させたり、逆では、大量の株を売却させることで株価を急落させるなどの方法で、革新的に利益を得ているのです。この他にも、インサイダー情報を入手して、一般には分からない情報を得て株価が動くので。
例えば、仕手株とのうわさがあるのがソフトフロントやヨドバシなどです。
ヨドバシカメラは安定的な経営を行っており、仕手株になる要素は少ないといえます。しかし、現実には、ヨドバシカメラの業績に見合った動きをしているとは言えない状態になっています。これはソフトフロントも同じような動きであるといえます。ソフトフロントだけでなくこうした仕手株の対象になっている会社も少なくないのです。昭和シェル予想もその一つです。昭和シェル予想では、最近では出光石油との将来的な会社統合がいわれています。昭和シェル予想の一つには、業績だけを見るとエコカーの普及に伴い、ガソリン車の使用が急激に落ち込んでいる状況です。しかしながら、ガソリンスタンドは国内に多くの土地を保有しており、こうした土地の有効利用を期待している面がないとはいえないですが、それでも株価が上昇する要因は少ない状況ですが、上昇傾向にあるため、仕手株の情報もなくはないのです。
仕手株は、予想がつかない状態で、急激な上昇又は下降を株価は行うので、注意が必要です。